女性の起業 子育て

主婦ママの起業は夫の理解あってこそ成功する

有田絵梨です。

私は起業してもうすぐ丸4年になりますが、今が一番夫が理解してくれているなと感じています。

それは法人化したからちゃんとしてるんだと思われたのではなく、夫が理解してくれて業績が上がったから法人化したという感じでしょうか。

専業主婦からのWebデザイナーとして起業

私は専業主婦から起業しました。スタートはWebデザイナーとして仕事をしています。スキルはデジタルハリウッド渋谷校というWebスクールに行って身に付けましたが、余裕で50万を超えるスクール費。

しかも当時生後5ヶ月の娘を抱えて私はスクールに通うと言い出したので、流石に夫もいきなりOKは出してくれませんでした。

でも、今となっては私はこれが良かったと思っています。なぜならどうやったら夫がOKを出してくれるか?スクール卒業後、私はそのスキルでどうしたいのかを人に伝えられるほど明確にすることができたからです。

その後、再度プレゼンしてOKをもらい入学を決意。*卒業後半年以内で返済しました。

1歳の育児と仕事との両立。葛藤。

それからフリーランス 1年目。娘は1歳。バンバン発熱します。保育園休みます。そして私の大切な講座が控えている前日に娘は熱性痙攣で救急車で運ばれました。翌日、講座の時間は夫が会社を休んでくれ、午後から私が娘を診たのですが・・・

その時言われたのが、「俺は簡単には会社休めないから。」つまりは俺より簡単に休めるお前が休めよ。ってことですね。

仕方ないと思いました。夫の稼ぎがあってこそ、私もフリーランスに挑戦できたのは事実ですしね。でも私も精一杯仕事をしているんだ。夫はそんなつもりはなかったと思いますが、でも自分の仕事を軽く見られているような気がしてなりませんでした。

東京でワンオペの中でのフリーランスママの実態

3歳になる頃まで、娘は計4回の熱性痙攣を発症しました。なので熱を出せば、いつ痙攣が来るかわからない恐怖。出張の多い夫。ほぼワンオペ状態で東京での生活を送っていました。

しかし、フリーランスでよかったと思います。これが会社員だったらもっと過酷ですね。会社の人に気を使いながら仕事も休まなければならない。辛い娘を病児保育に預けなければならない。まだフリーランスでよかったと思いますが、フリーランスだからといって育児も仕事も余裕でできるわけではないです。

その頃の私は仕事の仕方もあまり効率的ではなかったので、保育園に行っている間フルフルで仕事して、迎えに行ってから一気に家事と育児がやってくる感じでした。

洗濯物はとりあえずソファに投げ込む。惣菜で済ませる日も連発。時間に追われることからイライラして娘に当たる。そんな自分が嫌になる日もありました。

私も娘も犬も体調不良

そんな生活ですから、私は何度も首をやられ動けない。娘は痙攣が起きる。犬も目の病気やヘルニアになる。

とにかく辛かったですね。。動けなくなった愛犬を病院に連れていき、先生に淡々と「手術代30万くらいですかね」っと言われたときは。。ちょっと一周してきますと風にあたりに出ました 笑

家のこと、娘のこと、犬のこと。そして自分の仕事のこと、とにかく必死でした。

夫のことは全く考える余裕もなかったです。。><

当時の私はそんな生活から逃げるように仕事をしていたかもしれません。

仕事をしている時間はいろんなことを忘れて、大好きなデザインに没頭できる。大好きなお客様のコンサルティングに集中できる。仕事に関してはそれで良いと思っていました。

夫の転勤で、地元熊本へ戻ることに

夫の転勤ではありますが、なんとか地元に戻る方法はないか?夫と相談していたのも事実です。やはりこの生活を夫も私も心の底から良いとは思っていませんでした。運よく九州に、しかも地元である熊本に戻ることができ、そこから大きく変わっていきます。

大きな転機はコロナ渦による夫のテレワークでした。

熊本に戻ったことも大きかったですが、夫の仕事は変わらずなので、出張だらけ。でも実家の母が近くにいるので、その安心感は東京の時と全く違いました。熊本に戻った直後も娘と私が胃腸炎になってしまい、その時も母と叔母にサポートもらい、なんて有り難いんだ。。と強く思ったことを覚えています。

ただ、一番の転機は夫がテレワークになり1年近く自宅で仕事をしていることです。

これにより私たち家族は大きく変わったと思います。

夫が私の仕事をようやく理解

理解がなかったわけではありません。ただわからないですよね?

妻が一人で仕事して、自宅でパソコンやってて、たまにYoutube撮ってて、笑

Youtuberにでもなったのか?と思われても仕方がないです。

これがコロナになり1年近く同じ家の中で仕事をすることによって、私が1日どのように仕事して、どんな仕事して、そして家事と仕事をどんなバランスでやっているのかを言わずとも理解してくれるようになりました。

「俺は会社は休めない」と言い放った夫が、今は家事を半分以上やってくれています。私の仕事の話も聞いてくれます。いつもと違う時間にどうしても仕事をしなくてはいけない時、サポートしてくれます。

2020年、私は初めて我が家は共働きだと胸張って言えているような気がします。

これにより、私はどんどん仕事に打ち込むことができるようになりました。時間を増やしたとか、そういうことではなくって、自信がついたんですね。

パートナーである夫が自営業の私の仕事を理解してくれたことが、大きな自信となり、結果お客様もどんどん集まってきてくださり、法人化という新たなステージに行くことができました。

今のライフスタイルでステージが上がっていく姿を見せて欲しい

これまで話したことは夫にもちゃんと伝えています。その中で今夫に言われたことが、「その働き方でステージ上がっていく姿を俺に見せて欲しい」っと。

夫も今やりたいことがあって、私もサポートしたいって思っています。私が専業主婦から頼み込んでスクール通って今があるように、夫がやりたいことがあるなら、今度は私が支えなくては!!って強く思ってます。そして強く思いすぎててちょっと暴走していました。

そんな中で夫に言われたんですよね。

「自分は自分でやりたいことに向かってやっていくけど、絵梨さんは今のままでいい。今確立しているその働き方でどんどん上がっていく絵を見せて欲しい」っと。

確かにこれまでの数年は結構辛かった。でもその辛かった経験があるから、自分なりに試行錯誤して、フリーランススタイルでの家事と育児と仕事のバランスを確立させたのも2020年でした。

そしてそれをずっと夫はそばで見てくれた2020年。そして、今そんなふうに言ってくれています。

自営業はメンタル本当に大切です。

集客の安定、売上の安定、とコンサルティングで言っていますが、何はともあれメンタルが一番。そして家族がいるなら家族とのコミュニケーションは本当に大切です。

仕事のために仕事しているんじゃなくて、自分や家族が幸せになるために仕事をしているんですよね。それなのに、逃げ場所に仕事を使うというのはちょっと違ったなと今は強く思います。

私はたくさんの遠回りをしたかもしれませんが、これまでの経験で今、自分の生き方・働き方が確立されたかなと強く感じています。

フリーランスは生き方・働き方を自分で作れる

これも夫によく言われるんですけど、自分のしたいようにスタイルを築けるのは自営業の魅力。本当にそうだなと思います。もちろんそうするためには大変なこともあるけど、でもそれが可能なんですよね。

娘ももう4歳で、これから小学校、中学校と上がっていきますよね。成長とともに家族の環境も変わっていく中で、自分の仕事を柔軟に対応できるのは確かに良い生き方だと私も思います。

だから、私は今主婦さんママさんのコンサルティングをやっています。コンサルというとどうしても集客・売上に焦点が当たりますけど、なんのために頑張っているかというと、皆さんの生き方・働き方の確率のため。私が遠回りして気づいたことを、コンテンツ化して皆さんには、もっとシンプルに届けられたらと思って今お仕事しています。

私が法人化した理由

私のクライアントさんは主婦さんママさんが多いんですけど、私が夫にデザインスクールに通う相談をしたときのように、クライアントさんも私のコンサルを受ける相談をご主人にされると思うんですよ。

そんな時に、どこの誰だかわからない人に投資すること、ご主人達は不安しかないと思うんですよね。

だから、法人化しました。今法人サイトも作っているところです。コンサルって無形だし怪しいって思われると思うから、私がどういう理念で皆さんにサービスを届けているのか?そしてお客様達はどのように思ってくださっているのか。

しっかりWeb上に出しておく必要があると感じました。

私たち家族もこれからまだまだいろんなことがあると思うんですけど、でも私たち家族だから乗り越えていける!そのために私は私らしい生き方ができる、この自営業でお仕事していこうと思います。

私のクライアントさん達にも生き方の選択肢としてフリーランスを選んだ。そんなイメージで日々学んで行ってもらえたら嬉しいなって思っています。

 

 

 

 

 

 




平日21時にメルマガをお届けしています。
女性起業家に必要な
マインドやWeb集客の話を配信中。

オンラインスクール「PFR」の
入会案内もメルマガ会員様優先で
ご案内しています!

  • この記事を書いた人

Preshine 有田絵梨

熊本市出身。熊本市在住。 青山学院大学 経営学部卒。 ウェディングプランナー・アパレルマネージャーを経て結婚を機に専業主婦に。産後自由な働き方をしたいと思い、フリーランスWebデザイナーとして活動を始めた。 現在はフリーランス女子のためのWebコンサルタントとして女性起業家の皆様のブランディングとweb周りのサポートを行う。Youtubeやインスタで起業に必要なマインドやWeb系の情報を配信中。

-女性の起業, 子育て

© 2021 Preshine ERI ARITA