子育て

松潤がおすすめした絵本「ぼくを探しに」を読んだ4歳の娘

松潤が大好きになってしまった4歳の娘。
先日のVS嵐で
松潤が友達の子供に送ったと話していた
絵本を早速アマゾンでポチ。

 

ちょうどこの連休に届いたので
本も大好きな娘に
早速読んであげました。

 

松潤が紹介した絵本「ぼくを探しに」を読んでみた

読んでみての感想

  • 娘がゲラゲラ笑う
  • 4歳の娘には
    全てを理解することはまだ難しい
  • 絵がシンプルでとてもわかりやすい
  • 親が読みやすい

 

松潤おすすめ絵本「ぼくを探しに」親が読みやすい理由

私はこの理由が絵本が読みやすい!
というのはとても大事だと思います。

「絵本読んでー!」の娘の声が
恐怖に感じることってありませんか?笑

読んであげたいけど
家事まだ終わっていないし

読んであげたいけど
大作持ってこられたらどうしようってなるし

読んであげたいけど
「めばえ」的などう読んだら良いの?
ってページが登場したら困るーってなるし

絵本「ぼくを探しに」はあっという間に読み終わる

実は松潤おすすめのこの絵本、
「ぼくを探しに」は

見た目は結構ボリューミーです。

なかなか分厚い。

最初は緊張します 笑

でもでも、中身は1ページに1行だったり
絵だけのページだったりするので

あっという間に終わってしまいます!

深いストーリーなので、親も楽しめる

深いといっても難しくはなくって
ちょっと考えさせられるストーリーです。

4歳の娘は一発では理解しないので
ところどころ説明しながら読んで
最後にどんなお話だったかという
意図も伝えてあげました。

内容を理解してから読む
2回目、3回目は
聞き手も感じ方が変わるようで
その感覚がまた親としても楽しめます。

「ぼく」が色々な経験をしていくのですが、
そのあたりの絵が娘にはハマり
毎回そこで笑います。

それを聞いてた夫も
なんか楽しそうな絵本だね。

っとちょっと家が明るくなります 笑

松潤おすすめの絵本「ぼくを探しに」購入はこちら

絵本はどこでも買えますが、
今こんな時代ですから
ぜひネットでお買い求めくださいー

 




平日21時にメルマガをお届けしています。
女性起業家に必要な
マインドやWeb集客の話を配信中。

オンラインスクール「PFR」の
入会案内もメルマガ会員様優先で
ご案内しています!

  • この記事を書いた人

Preshine 有田絵梨

熊本市出身。熊本市在住。 青山学院大学 経営学部卒。 ウェディングプランナー・アパレルマネージャーを経て結婚を機に専業主婦に。産後自由な働き方をしたいと思い、フリーランスWebデザイナーとして活動を始めた。 現在はフリーランス女子のためのWebコンサルタントとして女性起業家の皆様のブランディングとweb周りのサポートを行う。Youtubeやインスタで起業に必要なマインドやWeb系の情報を配信中。

-子育て

© 2021 Preshine ERI ARITA